1. Top
  2. 催事・オークション
催事のイメージ
  1. Top
  2. 催事・オークション
  3. 過去の催事

    2020年10月14日更新
オークション
オークション

レトロコインオークション (横浜・みなとみらい) 2020年10月10日

第4回レトロコインオークション「みなとみらい パシフィコ横浜」にて開催させて頂きました。

会場は、みなとみらい線「みなとみらい駅」クイーンズスクエア連絡口から徒歩5分。駅からの道のりは大型ショッピングセンターを経由し、通常雨でもほぼ濡れる心配はありません。しかし、この日の雨はなかなか強烈でした。台風接近予報もあったなか、遠路ご来場下さった皆様に改めて御礼申し上げます。

窓の外では時折不穏な風音が響く中、やや静かに定刻通りスタートしたオークションでしたが、ふたを開ければ、落札率は98.4%、総落札価格は27,196,550円、参考価格比で111%の上昇となっており、コロナ禍の影響が心配された中、コインの相場は案外しっかりとしているとの印象です(前回12月は、落札率97.7%、参考価格比107%)。最多入札数、最高上昇率はいずれもLot.111の10銭アルミ青銅貨 昭和14年のMS68で、13件の事前入札を集め、なんと1067%も競り上がりました。一方、格安落札品も通常よりやや多めで、実際の天気さながらエアポケットが見受けられました。ショッピングリストになかったはずのロットに、思わずパドルを挙げてしまった方も少なくなかったかと存じます。突如、想定外のお買い得品が現れるのは、ラリーのような競り合いと共に、まさにフロアオークションの醍醐味です。競る物は電話ご参加の方を含め激しく競り上げ、そうでない物は強力なメールビッダーが押し切り、はたまたオープンロットにはオークショニアの笑顔炸裂、お慈悲のパドルがあがったりと、会場を見守る立場でも大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

主要銘柄の落札結果は、下記の通りです。


Lot.26 新1円銀貨(小型) 明治30年 PCGS-MS66 650,000円

Lot.30 新1円銀貨(小型) 明治36年 PCGS-MS65 98,000円

Lot.38 竜50銭銀貨 明治31年 上切 PCGS-MS67 230,000円

Lot.68 竜20銭銀貨 明治18年 PCGS-MS66 19,500円

Lot.116 旧10円青銅貨 昭和26年 PCGS-MS64RB 16,800円

Lot.151 1000円銀貨 平成31年 2020年東京五輪 PCGS-PR70DC 26,000円

Lot.184 イギリス 5ポンド金貨 1887 PCGS-AU53 315,000円

Lot.221 エクアドル 8エスクード金貨 1843 PCGS-AU53 2,200,000円

天候の件はいかんともし難い部分がありますが、急遽ご参加を断念せざるを得なかった方も多数おり、当日わざわざご連絡下さった方もいらっしゃいました。恐縮至極でございます。次回開催は来年5月を予定しております。さすがに台風の影響はないでしょう。より多くの皆様方にお愉しみ頂けるよう、鋭意準備に努めたいと存じます。

来年5月オークション、現在ご出品物を受付中です。オークションで素晴らしいコインを入手したら、重複品はぜひ次回オークションへご出品下さいませ。

最新の催事情報はこちらです。

下見会
下見会

レトロコインオークション東京下見会 (東京上野・桜木あたり) 2020年10月4日

第4回レトロコインオークション出張下見会、最終日は「上野桜木あたり ざしき」にて開催させて頂いております。

会場は、JR「日暮里駅」、東京メトロ「根津駅」「千駄木駅」より徒歩10分程度と少々歩きますが、日暮里駅からは谷中霊園を抜けるコース、根津駅からは寺町を散策するコースと、いずれもとても気持ちの良い道のりです。更に上野恩賜公園を歩く上野駅コースもあります。雨も上がりましたので、秋の散策をお愉しみ頂ければ幸いです。当会場では、デスクライトと自然光のもと、畳の上でじっくりとオークションご出品物をご覧頂けます。写真ではわかりにくい立体的な質感をじっくり吟味頂けます。ご入場時は、マスク着用の上、検温と手指消毒のご協力だけお願い申し上げます。

13時からの開始、16時までとなります。皆様方のご来場を心よりお待ちいたしております。

最新の催事情報はこちらです。

下見会
下見会

レトロコインオークション名古屋下見会 (名古屋・栄) 2020年10月3日

第4回レトロコインオークション出張下見会、二日目は名古屋栄のイワセコイン様にて開催させて頂いております。

久屋大通駅5B出口を上がりすぐ「古銭買入イワセコイン」の看板に吸い込まれれば、コレクターならついつい長居したくなる古き良き伝統的なスタイルのイワセコイン様となります。ショーケースには内外の古銭が多数展示され、蛍光灯と自然光のもと、売買の商談が繰り広げられます。本日は一部スペースをお借りして、自然にコインが見られる光源のもと、オークションご出品物をお手にとってご覧頂けます。写真ではわかりにくい立体的な質感をじっくり吟味頂けます。

明日は、東京に移動し、上野桜木あたり ざしきにて開催させて頂きます。いつものレトロコイン展の会場でございます。お電話にてご予約の上、ご来場下さいませ。

最新の催事情報はこちらです。

下見会
下見会

レトロコインオークション大阪下見会 (大阪・心斎橋) 2020年10月2日

第4回レトロコインオークション出張下見会、初日は大阪心斎橋のアークホテル大阪心斎橋にて開催させて頂いております。

デスクライトによる照明の下、全出品物をお手にとってご覧頂けます。写真ではわかりにくい立体的な質感をじっくり吟味頂けます。もちろん、窓および扉開放による換気、マスク着用、手指消毒による感染予防対策をさせて頂いての開催です。また、当会場より徒歩圏内の御堂筋ビルでは「おおさか大収集まつり」が開催されております。あわせて、ご来場頂ければ、何よりでございます。

明日は、名古屋に移動し、栄のイワセコイン様にて開催させて頂きます。お電話にてご予約の上、ご来場下さいませ。

最新の催事情報はこちらです。

あたり
あたり

レトロコイン展 (東京・上野桜木あたり) 2018年10月13日

多数のお客様にご来場頂き、誠にありがとうございます。長らくお待たせしてしまったお客様もおり、誠に恐縮でございます。

急に秋らしく涼しくなり雨が心配な空模様でしたが、散歩日和の過ごしやすい一日でした。温かいお茶を飲みつつ、古民家でまったりとコインと古美術品を愉しむには最適な一日です。

 この日の新入荷品は特価品中心のラインナップ。一方、12月オークションのプレ下見会には、強烈なインパクトを持つエラー品、円銀稀少年号のハイランク品、美しいトーンを纏った上品な貿易銀を中心に、熱い視線を浴びておりました。

 毎回確実にファンを増やしている、やまぐち美術プロデュースの美術品は、ガンダーラやインド、中国などの古仏多数が鎮座し、品の良い金彩のお盆や日常使いにも便利な古伊万里など並び、傍らにいるスタッフまでついつい欲しくなってしまいます。

本催事は、老若男女、通りすがりの外国の方までお気軽にご覧頂いております。グレーディングやオークションなどのご相談はもちろんのこと、下町お散歩のついでに、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

なお、次回は、来年2月16日土曜日に開催いたします。

最新の催事情報はこちらです。